クレカ辞めたらお金が減らなくなって貯金が増えた

雑記

キャッシュレス化が進んでいる時代に逆行するようですが、クレジットカードを持つのを辞めてみました。

クレジットカードを持つのを辞めてみてわかったことなどを書いています。

スポンサーリンク

クレジットカードはお得な反面使いすぎている気がする

もう何年もクレジットカードで買い物をしていますが、クレジットカードの支払いでお金が引き落とされるたびになんとなく使いすぎているような気がしていました。

この「なんとなく」という感覚がクセモノで、「めっちゃ使いすぎた!」とかなら反省したりもするんですけど、ほんとなんとなく使いすぎているような気がするというふわっとした感覚なので、あまり考えてこなかったんです。

それにクレジットカードで支払うとポイントがもらえたりしてお得だし。

よくわからないけどきっとお得でしょうと思ってたんですよ。

でもやっぱりなんとなく使いすぎているような気がするっていう感覚があるので、じゃあクレジットカード辞めてみたらいいじゃないということでクレジットカードを使うのを辞めてみました。

結果からお伝えするとやはり使いすぎていたみたいで、今までよりお金が余るようになってきました。

クレジットカードを持ち歩かないと最初はそわそわした

クレジットカードを財布から抜き取って外出すると最初は緊張感のようなものがありましたが、意外となんとかなるものです。

何か不足の事態があって財布の中のお金以上に必要になることがあるんじゃないかと思ったりもしましたが、そうならないように前もって考えたり計画的になりました。

今まで何かあってもクレジットカードがあるしってことで安心していたんですね。

まるで依存症のようで今考えるとちょっとこわいです笑

無駄遣いとまではいかない微妙な金額を使っている

クレジットカードを持っていないということは、使えるお金の予算がシビアになったような気がして、買い物やお金を使うタイミングでよく考えるようになります。

そこで気がついたのは今まで無駄遣いとまではいかないが微妙な金額を使っていたことです。

もちろんクレジットカードで買い物をしていた時も、使いすぎないようにしていたし後で明細を見直して無駄遣いしていないか確認していました。

それでもクレジットカードでする買い物と現金でする買い物は心理的に別物なんだと思います。

同じことなのは頭でわかってるんですけど、財布から現金が減るのってめっちゃストレスなんですよ笑

とにかくお札を崩したくない謎の心理が生まれました。

小銭も増やしたくない。ここはクレジットカードのメリットなんですけどね。

ポイントはデビットカードで貯める

クレジットカードの大きなメリットのひとつってやっぱりポイントが貯まることだと思います。

なのでそこをカバーするためにデビットカードを使うことにしました。

デビットカードです。

デビットカードはクレジットカードのようにポイントが貯まります。

ほぼクレジットカードのように使えて、使った金額が銀行口座から即引き落とされるという素晴らしいカード。

いろんな種類のデビットカードがあるので一概には言えないけど、ぼくが使っている楽天デビットカードは今の所不便なく使えてるのでおすすめ。

とはいえ固定費はクレジットカードで支払う

クレジットカードを辞めてデビットカードを使うことにしたけど、デビットカードはあくまでもデビットカード。

クレジットカードじゃないと決済できないサービスや、使いすぎの概念のない家賃などの固定費はクレジットカードで支払います。

これを機会に固定費の見直しもしたので節約が捗りました。

クレジットカードから現金払いに切り替えるときの注意点

実験的にクレジットカードを持ち歩くのを辞めてみたけど、節約したい人とか貯金をしたい人には本当におすすめ。

ただ注意点があって、それはクレジットカードをやめた月だけは支払額が多くなること。

今までクレジットカードで支払っていた分と、これから現金で払う分は同じ月にお金が出て行くことになるので、ある程度余裕をもって計画したほうがいいです。

ぼくは計画もなしに思いつきで行動してしまったので、お金の飛んでいく量に驚きました笑

雑記
スポンサーリンク
very easy life
タイトルとURLをコピーしました