トランスフォーマーのスピンオフ映画「バンブルビー」を観て小さい頃遊んでたおもちゃを思い出した

映画レビュー

映画「バンブルビー」をアマゾンプライムビデオで鑑賞。

トランスフォーマーシリーズを観ていなくても楽しめる良作。

スポンサーリンク

バンブルビーのかんたんなあらすじ

オートボットとディセプティコンが戦争をしている惑星サイバトロン。

劣勢なオートボット側のリーダーであるオプティマスプライムからバンブルビーは「このままじゃ負けるから地球行って体制立て直しといて、あとから行くわ」みたいなことを言われ1体で地球へ。

地球で身を隠すバンブルビーの元へディセプティコンの追手が。

作品情報

公開日

2019年3月22日(日本)

上映時間

114分

監督

トラヴィス・ナイト

キャスト

ヘイリー・スタインフェルド

ジョン・シナ

ジョン・オーティス

パメラ・アドロン

バンブルビーの感想

バンブルビーの良かったところ

80年代ポップミュージックが随所で流れてご機嫌。やっぱり80年代のアメリカ文化はかっこいい。

80年代をリアルに表現するために、撮影機材なども当時のものを使ったらしく上手く80年代の空気を感じることができるようになっている。

トランスフォーマーシリーズではお馴染みのすごいCG。ほんとこれどうやって撮ってるんだろうか。よく見ても、なにがどうなって変身していってるのかわからない。だけど違和感がない。

バンブルビーの仕草がかわいい。めちゃくちゃ人間ぽい。

バンブルビーは機械なんだけど暖かみのある表現というか、機械から感情を感じる表現が素敵ポイント高い。

スピンオフだけどトランフォーマーシリーズを見てない人でも楽しめる。

バンブルビーのダメなところ

軍人がいろいろ中途半端。人数少なすぎるような。あっさりというかなんというか。

バンブルビーまとめ

映画館で観ようと思いつつ観れなかったのでAmazonプライムビデオで観た。

トランスフォーマーシリーズのスピンオフということで、戦闘シーンばかりではなく、ちょっとした青春ヒューマンドラマな一面があって、そのバランスが良い作品。

今まで観てきたトランスフォーマーシリーズよりも、今回観たバンブルビーのほうが、ぼくが小さい頃コンボイ司令官(オプティマスプライム)のおもちゃで遊んでいた時のことを思い出した。

こんなかんじのであそんでた。懐かしい。

80年代という時代設定と、バンブルビーのトランフォームシーンに親近感があったのかもしれない。

バンブルビーというキャラクターが、観る人にも製作陣にも愛されているなぁというのが伝わってきて、見終わった後味も良い映画作品でした。

タイトルとURLをコピーしました