ディズニープラスでナイトメアービフォアクリスマスを見たので感想とか

映画レビュー
スポンサーリンク

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの作品情報

監督:ヘンリー・セリック

キャスト:クリス・サランドン/ダニー・エルフマン/キャサリン・オハラ/ウィリアム・ヒッキー/グレン・シャディックス/ポール・ルーベンス/ケン・ペイジ/エド・アイボリー

日本語吹き替え : 市村正親/土居裕子/三ツ矢雄二/大平透/園岡新太郎/松澤重雄/小林アトム/永江智明/安西正弘/梅津秀行/梁田清之/石原慎一

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの超かんたんなあらすじ

ハロウィンにマンネリを感じていたハロウィンタウンの王ジャックは、クリスマスタウンの行っているクリスマスに憧れて、ハロウィンタウンでもクリスマスを計画するお話。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスのネタバレなし感想

先日ネットフリックスで「ウェンデルとワイルド」を見たのをきっかけに、同じくヘンリー・セリックが監督したナイトメアービフォアクリスマスを久しぶりに鑑賞しました。

「ウェンデルとワイルド」と同じくストップモーションで作られた世界なんですが、怖くて可愛いキャラクターたちが魅力的。

有名作品だけあって、作品は見たことないけどキャラクターは知っているという人も多いでしょう。

何年も前に見た作品を久しぶりに見たので覚えていないところがあったり、よく見るとこのキャラクター結構キモいみたいな発見があって楽しかったです。

76分というコンパクトな時間で見れるので、映画は見たいけど集中力が続かないと言う人にもおすすめ。

ちなみに今作「ナイトメアービフォアクリスマス」はミュージカル作品となっていて、歌や踊り、ショーのような部分が多いのでミュージカル作品入門用としても最適だなと思っています。

実際ぼくはミュージカル作品って苦手だったんですが、「ナイトメアービフォアクリスマス」で苦手意識が消えてミュージカル作品も楽しめるようになりました。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスのネタバレあり感想

「ナイトメアービフォアクリスマス」に関しては世界観を楽しむ作品なので、ツッコミどころというか、ストーリーに関してどうこう言うような作品ではないでしょう。

絵本のような可愛い世界観だけど少しダークで、フィギュアとして集めたくなる魅力的なキャラクターたちにひたすら魅了されて素直に見るのが楽しいです。

初めて「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を見たのは何年も前のことで、今回久しぶりに見たサリーが少しセクシーに見えてしまったのは、ぼくが大人になったということでしょう。

映画って字幕で見るか吹き替えで見るかみたいな話があります。

ぼくは「好きなように見たらいいやん」派なんですが、基本的には字幕で見ます。

俳優さんの声が聞きたいからなんですが、俳優さんが直接演じていないアニメ作品に関しては吹き替えで見ます。

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」も吹き替えで見たんですが、町長の声を演じている大平透はハマり役でしょう。

もしかしたら本家を超えているかもしれない。(シンプソンズのホーマーも好きでした)

クリスマスにはまだ早いけど、クリスマスシーズンにぜひ見て欲しい映画でした。

ちゃんと調べてないので間違ってたらごめんなさいですけど、ナイトメアー・ビフォア・クリスマスって地上波で全然放映されてないですよね。

なんでだろう。ぜひ放映して欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました